わたしともやもや病・様々な後遺症

脳出血・もやもや病・片麻痺の記録

後遺症

【24】ギブスが取れてからその後

内反尖足の術後から約4ヶ月後の10月19日、やっとギブスが外れました 長かったー❕
でもまだ足首が完全に伸びていなくて階段をまだ一歩ずつは降りれずなので
現在は週1でリハビリ室に通っています

むくみはまだ起きていて術前よりかなり甲高さんなので履ける靴を探すのが大変❕
amzonやヒラキで合いそうな靴を買ったり返品したり💦

でも内反尖足時は靴が脱げてしまって普通の靴が履けずクロックスやムートンブーツしか履けなかったのでまだ全然平和❕
スリッパが脱げずに履けるようになったり、自転車に乗っていても麻痺側がペタルから滑りおちる事がなくなったりでとても快適に過ごせています

まだまだかわいらしい靴は履けませんが 💦
歩道の傾きを気にしないで歩ける様になった事はとても楽😂😂

PTさんには順調に歩き方や階段の降り方も自然に出来ているとお褒めの言葉を頂いたので
そのお言葉を励みに自宅リハビリもがんばっていこうと思います❕\(ˊᗜˋ*)/

【22】松葉杖での自宅療養

9月初旬にあるむすめの文化祭にどうしても行きたい都合があり笑
早め退院する為のPTさんとの条件が帰宅したら自宅引きこもり状態だったので
家事全般は近くに住んでいる実母に泊まり込みで見てもらう事になりました
と言ってももう実母も若くないので💦スーパー買い出しはネットスーパーを頼んだり、むすめに買ってきてもらったり
時には出前を頼んだりと皆の負担がかからない様にしました

シャワーは通常ギブスの間は大きなゴミ袋2 枚重ねしてからテープで止めて水濡れ防止
ネットでは専用キットも販売してますがゴミ袋重ね+テープでも十分水濡れ防止できたので購入はしませんでした

退院から2週間後の診察で抜糸、新しいギブスを交換してもらい
その3週間後レントゲンの結果、経過も良好との事で取り外し可能ギブスになってからは外しての入浴が可能に`⁽˙꒳˙⁾´♡
慣れる迄は包帯巻きは大変でしたがその分足を洗えるのがどんなにサッパリするかーー✨でした😆😆
入浴後の足首の曲げ伸ばしもじょじょに大きく曲げ伸ばしできる様になってきました
右側に曲がって普通の靴が履けなかった右足もちゃんもまっすぐになっていて
やっと色んな靴が履けるようになれるかな❔と期待している毎日です😊😊

所で私がずっと疑問に思ってきた事
倒れてすぐ運ばれた病院のリハビリ室で私自身意識がしっかりしていなかった時PTさんに
「これは(装具の事)痛いのでつけないで下さい」とお願いしていた記憶 ←痛みに弱い笑
先日改めて装具について調べていた時に装具は尖足の防止になると書かれていたサイトがありやっぱりそうだったのね…と💧
装具にはデメリットもある様なので一人一人合う合わないはあると思いますが
尖足防止には着けたほうが良いのかもしれません😅😅

さて明日の手術から2ヶ月目の診察🏥頑張ってきます❕

【20】予定通り入院しました(´▽`)

昨日無事整形外科病棟に入院しました!
そして今日は片麻痺による内反尖足手術を受けます

昨夜久し振りに病院食を食べて(ここの🏥はおいしいんです♡)
あとは絶食開始ー 8時半から水分も❎ ゆすぐのは🆗
そしてお昼頃から手術開始問予定です

何故わたしが内反尖足になったかを主治医から聞いたのですが
私の場合、ふくらはぎの外側の腱は麻痺しているのですが
外側の腱は麻痺していない為にだんだん曲がっていってしまったみたいです😭😭

足も変形していたり、ボルト固定をしたり、かかともずれていたりしているみたいなので
今日は3つの手術を3〜4時間されるそうです

初の全身麻酔、意識がなくなるのは結構恐怖ですが
元気に歩けるようになるまでは頑張ります!

では次の執筆は術後落ち着いたら書きますね 行ってきます 💨

【19】脳出血から9年・内反尖足

もやもや病による脳出血で倒れて今年で9年になりました

現在も脳バイパス手術は受けておらずですが
幸いにも再発する事はなく過ごせています

ですが主治医からは頻繁な頭痛や脱力発作が起きる様であればバイパス手術をとは言われています
血管も硬くなっている可能性もあるので慎重にと思っています

今回約3年振りに綴る事にしたのは以前にも綴った片麻痺の後遺症である内反尖足が辛く歩くのが困難なっていて
足の外科にて診て頂いた所、傾いている足を真っ直ぐ着地出来る様にする手術があるとの事で手術を受ける事にしたからです

Fotor_152858576392732


約一ヶ月の入院予定ですがその後のリハビリもあると思いますので
またこのブログで病状状況を綴りながら自身の励みにしたいと思います
どうぞよろしくお願いします⸜(๑'ᵕ'๑)⸝

【17】複視ならテレビを捨てラジオを、本を捨てドラマを



以前、わたしの脳出血後後遺症のひとつである視野欠損と複視について綴りましたが、
複視がはじまり全てがぼやけて視えテレビの中で何をしているか分からず、
テレビが楽しめなかった時はテレビを止め、目を使わなくてよいラジオをよく聴いていました。
   aa
学生時代、よく眠る前にラジオを聴いていましたが
映像のないラジオが現在でもこんなに面白いと思えるとはと衝撃でした
特に地元局のラジオは転居してきたばかりな当時のわたしにとって有力な地域情報でした。
複視のぼやけがなくなり、地元に帰ってきた現在でも家事の最中にはよく聴いています。

複視のぼやけがなくなってから困ったのが趣味のひとつであった読書が
「読むぞ!」と力を入れて読まないと話の内容がと頭の中に入ってこず、
この「読むぞ!」は疲れやすいので気軽に読めるものではなくなってしまったという事
そこで読書の代わりになったものがテレビドラマ鑑賞になりました。
   1003lsekai1
前々回記事の失語症でも綴りましたが、文字よりも映像は頭に入りやすく理解しやすいので
失語症、そして複視のわたしにはドラマ鑑賞がもってこいの毎週楽しみになる趣味に
お友達に「おばちゃん臭い」と言われ様とも
物語を気軽に楽しむ唯一の趣味としてドラマ鑑賞を楽しんでいます
本を買うにも結構な金額になりますし、医療費がかかるわたしには節約にもなるもんね

プロフィール

あぐり


30歳で脳出血┊もやもや病
後遺症・片麻痺の話題を
ゆるく明るく綴っています
✤ everyday slow life ✤
RSS
  • ライブドアブログ